Return to site

ぼさぼさの樹

ぼさぼさの樹

 

ぼさぼさの樹を立ち上げて、チラシ作りや写真撮影をしたのが、ちょうど昨年の年末。

あれから1年経ちました。

 

少しずつですが、お仕事をいただき、

先日は 世田谷の保育園へ伺いました。

 

子供達のほかに 地域の方も来られるということで、葉っぱ柄の衣装を着てる私達のポスターが保育園の壁に貼られていました。

なんか嬉しい。

 

子供達も、そのポスターを見ながら登園していたせいか、なにか イベントがあるんだ という期待感を持ってくれていたようで、

 

「あの 女の子たちはいつ来るの?」(照)

 

と先生方に聞いてくれていたようです。

 

とても反応の良い 楽しい子供達で

コンサートが始まってみると、音に反応して

笑う笑う、ウケるウケる。

 

あのー、音を出してるだけで、漫才やってるわけじゃないんだけど〜!(嬉)

 

箸が転んでも笑う というのは女子高生ですけど、なんの楽器が出てきても

 

面白いねぇ!

 

と笑っているので、こちらもつられておかしくなって笑ってしまい、身体がポカポカしてきて、フルートの浅見さんは 首の寝違えが演奏後に見事に治ってしまったほどでした。

 

そして正面から見る子供達の眼が本当に

キラッキラで、わ!眼が輝く ってこういう事なの⁉︎ と驚きました。

 

昼間なのに、星で言ったら1等星? ってくらい。人間の眼も光るんですね!

 

そして、その子達に

フルートとバイオリンとチェロの中で、どの楽器が1番音が高い?って質問したら、

 

大きいからチェロ!ですって。

 

大きいから、音が高いと思う。

斬新で面白いと思いました。

 

子供って、ホントに 柔らかい眼差しで すべてをみてるんだな〜

 

とほのぼのしてしまいました。

 

帰り際には、

「ぼさぼさの樹 の人たちって、どこから来る の?」

という質問があったので、「ぼさぼさの国から来た」とお伝えし

私達は ホクホクで ぼさぼさの国へ帰ったのでした。

 

あー、楽しかった 。ちゃんちゃん♪。

 

 

 

 

 

 

テキストを追加する
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly